ジェミニ200 DELTA BOEING 767-300ER(ランディングギア・スタンドつき)

 
  初めて「ジェミニ200」のモデルプレーンを購入しました。以前から「インフライト」と並んで購入してみたかったダイキャスト製のモデルプレーン。今回はデルタのB767-300ERを購入したかったのですけど、ホーガン・ウイングスからは発売されていないようだったので、ジェミニ200モデル購入となりました。

 ダイキャスト製ということで、ホーガン・ウイングスよりは少しお値段が張りましたが、それでも全日空商事のものとほぼ同額帯なので、ダイキャスト製のリアル感を考えると、ジェミニ200はお値打ちと言えるのではないでしょうか。

 

 私のコレクションのダイキャスト製中型機モデルプレーンとしては、JC WINGSのJAL DC-10に続き2機目となったジェミニ200の「DELTA BOEING 767-300ER」。

ジェミニ200のパッケージはすごい豪華。圧巻はスナップボタンが付いていること。

 

スナップボタンを外しふたを開くと、ダイキャスト製のボディとスタンドが登場します。

 

ダイキャスト製のボディを支えるスタンドはアームも台座も金属製。ただしネームプレートはありません。

 

真横から見た写真。大きなウイングレットが特徴ですね。

 

真上から。アンテナ類はもちろんのこと、アンチコリジョンライトも透明パーツが埋め込まれています。

 

機体下側の写真。実に精密に再現されています。

 

機首前方から。ちょっとわかりにくいですがレドームのラインも入っています。

 

テールから。APU排気口も精巧です。

コクピット部分。

レドームが再現されているとすごく精巧に見えます。

エンジンのファンブレードは回らないようです。

エンジン真横から。

 

機首から主翼前部分まで。

 

前輪は左右に動きます。

 

胴体下部にあるDELTAの大きなロゴマーク。その横にジェミニのマークも。

大型のウイングレット。

機内から見るとこんなカンジでしょうか。

 

機体後方部分。

 

垂直尾翼と水平尾翼部分。

 

ダイキャスト製の重いボディを支える金属製のスタンド。展示中に回転しないように加工されていました。

いやー、すばらしいモデルプレーンでした。

 デルタのB767-300ERなんて、自分が搭乗しなければコレクションすることはなかったと思います。そのくらいマイナーな機体ということもあり、ホーガン・ウイングスやヘルパ・ウイングスなどからは発売されていないようでした。

 そのおかげで初めて「ジェミニ200」のモデルプレーンを初めて購入したわけですが、ジェミニ200のモデル精度は「すばらしい」の一言に尽きます。正直言いますと、私は軽い樹脂製のモデルのほうが好きなのですが、このくらい精巧に出来ていると、やっぱりダイキャスト製はすごいなあと思いますね。

 ボディ成形の正確さ:10、細部の再現性:10、デカールの精密さ:10・・・総合:10

horizontal rule