やがて太陽が西の彼方に
水平線には雲があって、海に沈む夕陽を見ることはできま
せんでした。それでもこのひとときを味わえただけで幸せ!