何日滞在しても、何回訪れても、決して飽きることのない街「Paris」。そんなParisの歩き方をご紹介いたします。ムッシュが実際に歩いたルートを元に、半日程度で回れるように6つのコースに区分けしました。「私のParisの歩き方」を、みなさんのParis滞在中の行動計画の参考にしていただければ幸いです。

    エッフェル塔からパッシーへ    エトワール広場からルーブルへ

   オペラからレ・アールへ   モンマルトル散策           

      シテ島からカルチェ・ラタンへ   サンジェルマン・デ・プレ散策      




エトワール広場からルーブルへ


凱旋門

 世界中で最も有名な道と称される「シャンゼリゼ大通り」。写真は私たちが大好きな「パリの通り名の看板」。交差点ごとに設置されています。AVENUEは「大通り」を意味します。


クリックしてね!

  Parisを代表する建造物である凱旋門。工事を命じたナポレオンが完成することなくこの世を去ったのは有名な話ですね。写真をクリックしてね♪

「凱旋門」      22番バスでエトワール広場通過



 凱旋門の中のらせん階段。しばらく登ると目が回ってきますよ。
 


 凱旋門の頂上から見た「シャンゼリゼ大通り」です。歩道の広さが際立っていますね。


 西の方向には新副都心「ラ・デファンス」が見えます。中央にある白い建物が「新凱旋門 (グラン・アルシュ)」です。



シャンゼリゼ大通りからコンコルド広場へ


  シャンゼリゼ大通りは10年少し前に地下駐車場が設置されました。その際歩道部が改修され、歩道幅は現在、片側20mくらいあると思います。
 


 「ジョルジュX(サンク)」にある有名なカフェ「フーケ」。

 


 ルイ・ヴィトンの本店。この時ちょうど改装工事中でした。何と日本語で「改装工事中です。仮設店舗で営業しています。」って書いてありましたよ。

 シャンゼリゼ大通りの終点にあるのが「コンコルド広場」です。
 

 コンコルド広場の中央にはオベリスクを挟んで2つの噴水があります。このあたりも「スリ」が多いので注意して下さい。

コンコルド広場からバスで      コンコルド広場


 コンコルド広場とルーブル宮(美術館)の間にある「チュイルリー庭園」。夏場はここに移動遊園地が開設されています。


 ここの遊園地は入園料が不要な代わりにパスポート券のような乗り放題券がないのです。ちなみにこの回転ブランコは1回3ユーロ(約400円)です。

 日本でもおなじみのエアーすべり台です。これも1回(5分)2ユーロ(約270円)でかなり遊べるようです。

移動遊園地@      移動遊園地A



アンジェリーナでモンブラン


 チュイルリー公園の北にある、有名な「アンジェリーナ」。



 店内は高級なサロン。でも、観光客ばかりなんでしょうけどね。
 



 これがアンジェリーナの「モンブラン」6.9ユーロ(約930円)。思ったより小さかったです(笑)。マウスポインタを乗せてね♪

アンジェリーナ



ルーブル美術館


ルーブル宮を使った巨大な美術館です。詳しくはこちらで。



ギャルリー・ベロ・ドダ


クリックしてね!

  ルーブル美術館から東に数分歩いたところに「ギャルリー・ベロ・ドダ」はあります。写真をクリックしてね♪



クリックしてね!

 残念なのは、現在は閉店しているスペースが多いこと。写真をクリックしてね♪


 天井には何と絵画もあるんですよ。
 
 

ギャルリー・ベロ・ドダ

 エトワール広場からシャンゼリゼ大通りを歩いて、ルーブル美術館付近までのコースです。凱旋門は入場待ち時間がないので、お時間のある方はぜひ登ってください。エトワール広場からコンコルド広場まで、ゆっくり歩いても30分程度です。

 疲れたらアンジェリーナでモンブランでも食べて、体力に余裕があればルーブル美術館やオランジュリー美術館を見学しましょう。凱旋門と美術館見学に費やす時間にもよりますが、これで半日見ておくとシャンゼリゼ大通りやフォーブル・サントノレ通りなどでお買い物を楽しむこともできます。

    エッフェル塔からパッシーへ    エトワール広場からルーブルへ

   オペラからレ・アールへ   モンマルトル散策           

      シテ島からカルチェ・ラタンへ   サンジェルマン・デ・プレ散策      

horizontal rule