何日滞在しても、何回訪れても、決して飽きることのない街「Paris」。そんなParisの歩き方をご紹介いたします。ムッシュが実際に歩いたルートを元に、半日程度で回れるように6つのコースに区分けしました。「私のParisの歩き方」を、みなさんのParis滞在中の行動計画の参考にしていただければ幸いです。

               エッフェル塔からパッシーへ   エトワール広場からルーブルへ              

オペラからレ・アールへ   モンマルトル散策         

 
シテ島からカルチェ・ラタンへ   サンジェルマン・デ・プレ散策       




シテ島からカルチェ・ラタンへ


ノートルダム寺院


 パリのシンボル「ノートルダム寺院」 です。



クリックしてね!

  セーヌ川の対岸から見るノートルダム寺院がいちばん美しいと思います。写真をクリックしてね♪



クリックしてね!

  有名な「バラ窓」。直径約10メートルにも及ぶ、巨大なステンドグラスの窓が、建物の南北にあります。写真をクリックしてね♪

ノートルダム寺院@      ノートルダム寺院A



コンシェルジュリ&サント・シャペル


 マリー・アントワネットが投獄されていた「コンシェルジュリ」。


 ここが復元された「アントワネットの牢」。実際の位置に復元したとのことでした。マウスポインタを乗せてね♪


 そしてこれが復元された牢内部。壁紙の剥がれ具合が、リアルさを演出しているのでしょうね。マウスポインタを乗せてね♪

コンシェルジュリ@      コンシェルジュリA


  裁判所の中庭に建つ「サント・シャペル」。ルイ9世がキリストの聖遺物を祭るために建設したもの。



 下層礼拝堂です。中にパリで最も古いフレスコ画による「聖母マリアの受胎告知」があります。
  



クリックしてね!

 上層礼拝堂のステンドグラス。あまりのすばらしさに、ことばを失いますよ。写真をクリックしてね♪

サント・シャペル@      サント・シャペルA


 シテ島では毎週日曜日になると「鳥市」が開催されます。多くのお店が閉店してしまう日曜日のパリ市民の楽しみ方のひとつのようです。


 シテ島の中にあるメトロ4号線「シテ駅」。駅は地下深く、改札からホームへはパリのメトロでは珍しいエレベーターが設置されています。



サン・ミッシェル広場界隈


 カルチェ・ラタンの北の入口に位置する「サン・ミッシェル広場」。この建物ですが、正面から見るとすごい歴史的建築物なのですが、横へ回ると何と普通のアパートなんです。



 そしてカルチェ・ラタンを代表する観光地といえば、この「ユケット通り」だと思います。



 「ユケット通り」には世界各国の名物料理屋さんが軒を連ねています。

「サン・ミッシェル広場」      カルチェラタン      クスクス
 


 「ユケット通り」を歩くと、「グリック」(ギリシャ風サンドイッチ)とか「ケバブ」と呼ばれるサンドイッチ屋さん があります。


 この羊の肉のローストとポテト、野菜の組み合わせが最高。ポテトはわざわざ揚げ直してくれます。


 何件か食べ比べてみましたが、トッピングやお肉の量などでこの店が一番好きです。1人前4.5ユーロ(約610円)。日本で食べるケバブの2倍はありますよ。

グリック 
 


パンテオンからムフタール通りへ


 「パンテオン」です。パリの守護聖女「ジェヌヴィエーヴ」を祀った古い教会を、ルイ15世が再建したもの。
 中には1851年に、フランスの物理学者「フーコー」が行った「振り子の実験」が今も続いています。


 パンテオンのそばに立つ「サンティ・ティエンヌ・デュモン教会」。ここは思想家「パスカル」や劇作家「ラシーヌ」の墓もあります。




 イスラム教寺院「モスケ」。寺院の中では「ミントティー」を飲むことができます。ただし、半端でない甘さですよ!

パンテオン      サンテ・ティエンヌ・デュモン教会      モスケ


 カルチェ・ラタンから南へ伸びる「ムフタール通り」はマルシェ通りになっています。
 


 ムフタール通りにを南側から入るとすぐに「サン・メダール教会」があり、教会をすぎると「マルシェ」が広がっています。


 「コントラスカルブ広場」です。狭い路地を歩いていると、突然開けた空間に出るといったカンジです。
 広場の南北にはカフェが向かい合っていて、ここは昼間よりも夜の景色の方が美しそうです。

ムフタール通り@      ムフタール通りA
 


国立自然史博物館


 この進化大陳列館の中には数千という数の剥製が展示してあり、動物の進化の過程を知ることができるそうです。


 入場料は大人7ユーロ、子供5ユーロで館内に入ると中は薄暗く、3層構造の建物の中はまさに剥製で埋め尽くされていて、特に2階の「動物の行進」する風景は圧巻ですよ。


1階にあった巨大クジラの骨。これは「シロナガス・クジラ」のものです。実際見るとてつもなく大きいですよ。

進化大陳列館@       進化大陳列館A      進化大陳列館B

 シテ島はセーヌ川の中州にあり、パリの中心地です。ノートルダム寺院は観光ルートにもなっているので、観光客の数も尋常ではありません。そのためノートルダム寺院の中はそれほど静かではないので、お祈りに来ている方にはちょっと気の毒に思えてしまいます。

 シテ島にはノートルダム寺院のほかにも「コンシェルジュリ」と「サント・シャペル」という重要な観光地があります。これらはカルト・ミュゼで入場することもできますので、前後の日にルーブルやオルセーに行く予定を立て、カルト・ミュゼの2日券を購入すると安く済ませることができます。

 カルチェ・ラタンはサンミッシェル広場界隈とパンテオンからムフタール通り辺りまではかなり離れていますので、バスやメトロを使って移動することになります。サン・ミッシェル広場やユケット通りはセーヌ川を渡ってすぐですので、まずはここまで来てから南に足を伸ばすか時間と相談してください。

                エッフェル塔からパッシーへ   エトワール広場からルーブルへ              

オペラからレ・アールへ   モンマルトル散策         

 
シテ島からカルチェ・ラタンへ   サンジェルマン・デ・プレ散策       

horizontal rule